スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    日本式の考えがあってると気付いた最近。
    0

      人に理解されるということは、容易なことじゃないとおもう。

       

      僕自身、本当に人と違うことをしてきたから

       

      とことんいじめられてきたし、本当に大変なことは多かった。

       

      でも、こういうある種無勢派の人生のほうが、安心だったりするのである。

       

      僕自身人から誤解されてもあけっぴろげに行動しているのは

       

      最初から人間というものがもともとから利己的で、身勝手な生き物と知っているからである。

       

      身勝手な人とかに誤解されちゃっても、「僕は本当はこういうことを目的としてやってるんです」

       

      といっても、そんなことあるものかといわれたら信じてはもらえない。

       

      人は人に絶対に誤解される。

       

      真の意味で、理解されることはないのである。

       

      どう弁解しても誤解されるとわかってたら

       

      もう仕方ないと思うし。自分の知ってることや、わかってることを言って

       

      人様に、誤解されてもしょうがない。

       

      僕の人生で、人間ほど信用ならないものはないと思ってきたのが

       

      実際のことである。だから、人間がどう思ったとしても、

       

      それはもう受け手にどうおもっていただくか、感覚はゆだねるしかないと思っているのである。

       

      信じていただけなくても、それでいい部分はある。

       

      でもできる限り、真実を見つけ、それを提示する役目が自分にはあるとも思っている。

       

      信じたい人だけ、わかってもらえれば充分なのである。

       

      それ以外の方がどう思っても、それはよいのでもわるいのでもなくそれは各人の意識の問題だと思っている。

       

      自分の行くべき道を知ってるのは自分だけだから、それ以外進むことができないから、これだけはもう譲れない。

       

      それが世の中のためになると思う道があるなら、何が何でも僕は自分にある役目を全うして

       

      できることをやるしかないと思っている。

       

      それが自分のためじゃなく、僭越ながら世のため人のためになると思うので

       

      僕は今でも頑張れる。自分だけのためならやっぱりやる気は出ない。

       

      親しい人々からも地獄の底に突き落とされることを言われて

       

      崖の底に落とされる思いをしてきたから、だから今は

       

      誰からだって蹴落とされても何度でも這い上がれる。

       

      もう何も破れかぶれて、どんなことでも恐ろしくないのである。

       

      失うことはないので、僕も今なんでもできる気持ちである。

       

      その吹っ切れた感が面白いと思ってくれた人だけは、一緒にお付き合いいただければ幸いです笑

       

      だからアホのようなことでも恥ずかしがらずできる。

       

      その上で、自分を見出して進んでいく中で

       

      多様な考えや生き方をする、多くの人にささえられているとも思うんだよ。

       

      一人一人は違うけれど、その上でそのよいところとつながって、助けてもらっているし

       

      善いポイントを理解してくれる人もたくさんいる。

       

      それで、多くのことを見つけ指摘してくれる人もいることはありがたい。

       

      それが自分の力や頑張る動機にもなっている。

       

      またこれも信仰の話になってくるんだけれど、

       

      何かを信じるということでも、自分一人の力じゃできることなんてほとんどないと思ってる。

       

      誰かや神仏に助けられて、今の僕があると思っているからやはり、おかげ様とか、

       

      他力とか、感謝の心が最初にあって、最後になくちゃいけない。

       

      それをすべての原動力に、動機にしなければだめだとおもう。

       

      引き寄せの法則じゃないけど、自分の願う未来は自分でつくられるという外国式の考えは

       

      やはり自分には拒絶反応を起こしてしまい、合わない。

       

      誰かが使命を与え、誰かのために努力して、誰かのために自分でいる。それが自分の喜びになる。プライドになってる。

       

      日本式の考えがあってるなと感じる。

       

      欲とか願望より、名誉よりも、犠牲とか愛とか正義とか真実のほうが、僕の感覚にフィットする。

       

      最後にみんなのハッピーをつくるため、ともくんはさらに進みます。

       

      どうかこんな僕ではありますが、見守ってやっていただければ幸いです。

       

      やっぱり他人一定数の人が喜んでくれていると想像して、それを見て頑張るほうが楽しいもんね。

       

      そんなこんなで旅は続きます・・・・。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | 天華とも(ともくん) | - | - | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Trackback
        トラックバック機能は終了しました。