無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
出雲大神宮は籠神社の後ろの正面
0

    元出雲である出雲大神宮の神は

    大国主と三穂津姫

    出雲大社の神は大国主である

    その前進である元伊勢籠神社は

    海部氏の神社だが、ここにニギハヤヒ

    がある

    おもしろいことに、大国主は出雲大社で

    死んでおらず、日向の都農神社で

    死んでいる。

    大国主の墓は都農神社であり

    日向一宮たる都農神社こそが

    天皇家のふるさと

    日向における最高社格の神社なのである

    出雲の神が天皇家の先祖アマテラス・ニニギを上回るのはなぜなのか?

    また、その大国主の妻は

    日向の総社妻神社のコノハナサクヤヒメだが

    このコノハナサクヤヒメはいまはニニギの妻だが

    本来は大国主の妻であり

    大国主は古代はニギハヤヒとして

    都農神社に祭られていたとしっかり証拠がある。

    ご神体の山の尾鈴山はニギハヤヒ降臨の

    磐船がある。

    だが、いつからかニギハヤヒは大国主の墓

    の伝説に隠されてしまった。また公式の墓なのである。

    妻神社のコノハナサクヤヒメは竜宮に通い住む妻大明神。コノハナサクヤヒメが竜宮城に通う?なんだかはっきりしない。その子孫が日下部一族だが

    彼らは丹波の海部氏になる

    だから、浦島太郎伝説の竜宮の乙姫が

    まさにこの方妻大明神のことなのである。

    その妻大明神の力は渡来王子の墓

    比木神社に分社され

    渡来した王子と大国主、三穂津姫 コトシロヌシ

    スサノヲとクシナダヒメをまつる

    三穂津姫は富士の三保の松原

    天女伝説の天女。

    別名タギツヒメといい、竜宮の乙姫さま

    日向で大国主がめとった妻。

    妻神社の分社だから

    竜宮の妻大明神(正体は不詳)=三穂津姫=コノハナサクヤヒメ=タギツヒメ

    ニギハヤヒの妻なので

    正体は瀬織津姫だったのである。

    比木神社の天井の竜女の抜け出る伝説は

    ここが真実。

    奄美大島や久高島(ユタ)の

    御穂田(ミホダ)はアマミキヨの子孫がつくった。

    御穂神社の天女は三穂津姫

    三穂津姫は古代神アマミキヨの延長の神なのである

    つまり、籠神社の仕組みは

    出雲大神宮とおなじ

    比木神社の三穂津姫と大国主は

    瀬織津姫とニギハヤヒ

    夫婦だったということ

    渡来王子は封印された海部氏の先祖

    日下部一族だったのである!

    比木神社の真横に実家があるが

    それは竹鳩地区。

    比木神社の神は竹鳩に住む一族を

    すべて護っていたのだ。


    比木神社は僕の活動のルーツで

    全国誌にのり

    いいたよりがある、焦らず待て!と

    比木神社のおみくじで言われて

    三日後に雑誌から電話があり

    神から同時に通信が夢を通してあって

    活動開始になった。

    比木神社は出雲大神宮と=の神社だから

    元伊勢籠神社と一族間で=である。

    なにかあるたびに比木神社は

    いっていて

    出雲の神は日向の神だと

    ここにくるたび

    感じる。

    大本教の亀岡の出雲大神宮は

    最も強い神のパワーがあった。

    カゴメ歌の最新パワーは

    竹籠の中の鳩

    ニギハヤヒの再臨により

    実現される!

     

    >

     

     

     

    | ともくん | - | - | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Trackback
      http://tomoamanohana.jugem.jp/trackback/2445